合宿免許と一般的な教習所の違い

学生が進学する前の2月と3月や長期休みに入る7月と8月はどの教習所でも混雑するのが知られていますが、地元の教習所に通学するタイプと自宅から離れたエリアで一定期間にわたって生活する合宿免許に分かれています。

地元教習所は混雑になると1か月~2か月掛かって卒業が可能となる事が多く、合宿免許は入所できる枠が事前に決まっている関係で最短2週間という早さで卒業が可能となっています。



入所枠が決まっている関係で春の繁忙期に申し込む場合は、12月や1月初め頃までに申し込んでおくと入所可能となりますので、進路が決まっている場合や長期休みでスケジュールが組みやすい場合は早めに予約しておく事が重要です。



一般的な教習所と合宿免許の上記以外の違いとしては、一般的教習所は近隣に住んでいる人が入校している事が多いのですが、合宿免許に関しては合宿を行う教習所近隣市区町村に住んでいる場合は入校制限を設けています。



これは、提携宿泊施設を利用しなくても通えるからであり、合宿免許は遠方から来る生徒が来やすいようにしています。


合宿料金に含まれるの(繁忙期・閑散期等によって数万円前後します)は、教習代金のほとんど(一部検定費用や利用料は除く)・入所日から卒業日までの宿泊と食事・往復の交通費となっており、相部屋や友人と同時申し込みをした場合に適用されるグループ割を活用すればさらに料金が安くなってお得に利用する事が出来るでしょう。